コラム COLUMN

2020年 12月8日 目立つ看板を作る!デザイン・作成のコツとは?

「目立つ看板を作りたい。でも、どんな看板にすれば良いかわからない」と、悩んでいる方も少なくないでしょう。せっかく看板を作るのですから、できるだけ多くの人の目に留まり、集客や売上アップなどの効果につなげたいものです。

 

街中には、さまざまなデザインの看板であふれています。このなかから、自社や自店を見つけてもらうためには、どのような看板を作れば良いのでしょうか。目立つ看板を作成するうえで、知っておきたいポイントをまとめました。

 

 

目立つ看板とは?

 

店舗や企業を探しているとき、最初に目に飛び込んでくるものが「看板」です。そのデザインから、お店の業種や雰囲気などをイメージさせる看板は、会社の顔であり、広告塔の営業マンともいえる重要な存在です。実際に、目立つ看板に替えたところ、来客が何倍にも増えて売り上げも大幅にアップした事例は、いくつもあります。

 

逆に、看板が目立たないと、集客や売上アップのチャンスを逃すこともあります。設置するだけで何の効果も得られない看板なら、作成する意味がありません。目立つ看板を制作し、多くの人の目に留まるよう工夫することが大切です。

 

目立つ看板のポイント:「コンセプト」と「分かりやすさ」

 

では、「目立つ看板」とはどのようなものでしょうか。それは、看板の役割を十分に果たせるものです。看板には、次のような役割があります。

 

・店舗や会社に案内する「誘導役」になること

・多くの人に店舗や会社の情報を伝えられること

・店舗や会社の雰囲気を表現できること

 

つまり、店舗や会社のコンセプトをわかりやすく伝えられる看板が、「目立つ看板」のポイントといえます。

 

たとえば、高級な日本料理店なのにポップなロゴやかわいいデザインの看板だと、顧客には店の雰囲気はもとより、何の店なのかも伝わらないでしょう。一目で高級志向の日本料理店であること、落ち着いた雰囲気でゆっくり飲食ができる店舗であることが伝わるロゴやデザインの看板にすることで、顧客も安心して利用できます。サイズも少し小さめで、店内のインテリアと似た材質を使うなど、こだわりを見せるのもポイントでしょう。

 

また、都会的でスタイリッシュな雰囲気の店舗なら、金属製の材質を用いて立体文字と照明で演出した看板を作ると、効果が現れやすくなります。

 

このように、店舗や会社のコンセプトにマッチした文字やデザインを用い、しかも多くの人にわかりやすいといった要素を含む看板を作成することで、「目立つ看板」がつくりやすくなります。

 

看板に書く文字数はできるだけ少なくすることもポイントです。伝えたいことがたくさんあるからと文字数の多い看板にしても、顧客はすべて読んでくれるとは限りません。逆に、わかりにくくて伝わらない看板になることもあります。できる限りシンプルに、ポイントだけを押さえるよう努めましょう。

 

 

目立つ看板は、場所によっても異なる

 

看板のデザインは、設置する周辺環境も影響を受けます。

 

たとえば、飲食店街のように周辺に同じ店が並んでいる街の場合、他店と似たデザインの看板を作成しても目立たないでしょう。赤い看板が立ち並ぶ街で、赤の看板を作っても、多くの人の目には留まりにくいのです。こうした街では、派手さよりもシンプルなデザインにした方が目立つ場合もあります。

 

住宅街の中にある店舗なら、落ち着いた雰囲気の看板にしたほうが集客につながるかもしれません。かといって、街の雰囲気に溶け込み過ぎると目立たなくなりますので、照明で演出するなどの工夫が必要です。

 

周辺環境によって、「目立つ看板」の定義は異なります。周りにどんな色が多いかを観察したうえで、看板の色を決めるのも一手です。

 

 

目立つ看板のデザインのポイント【カラー編】

 

目立つ看板を作る上で、大切な要素の一つが「色」です。色使い(配色)によって、店舗や会社のイメージを伝えたり、場所をわかりやすくしたりするといった効果があります。

 

色を決めるときは、「メインカラー」と「サブカラー(アクセントカラー)」にこだわることもポイントです。

 

目立つ看板のポイント:メインカラーの決め方

 

看板の背景色など、全体のなかで大きな割合を占める部分の色がメインカラーです。コーポレートカラーを決めている企業であれば、それに合わせるのがベターでしょう。

 

コーポレートカラーのない店舗や会社の場合、「色のイメージ」からメインカラーを決めるのも一手です。色にはそれぞれ、次のようなイメージを与えるといわれます。

 

【赤】エネルギッシュで活動的なイメージ

【ピンク】かわいらしい雰囲気で、女性客が好む

【青】信頼感を与える、落ち着いた雰囲気で男性客が好む

【緑】自然な雰囲気で、気持ちを穏やかにする

【茶色】心を落ち着かせ、ゆっくり過ごせるイメージ

【オレンジ】健康や親しみを感じさせる

【紫】リラックスできそうな雰囲気で、大人のイメージ

【白】誠実、真面目、シンプルなイメージ

【黒】高級感を演出する、落ち着いた雰囲気

 

実際に街中を見渡すと、若い人で賑わう大手ファストフード店では「赤」をメインカラーに使うところが多いですし、男性客の多い紳士服店は「青」、女性客の多いショップには「ピンク」がよく使われています。

 

健康食品やオーガニックを扱う会社なら「緑」や「茶色」、リラクゼーションのサロンなら「紫」が、よく使われているでしょう。

 

メインカラーは、会社のコンセプトをわかりやすく伝える大切な要素となります。

 

目立つ看板のポイント:サブカラー・アクセントカラーの決め方

 

メインカラーを決めたら、次にサブカラーとアクセントカラーを決めます。サブカラーは、メインカラーに近い同系統の色、アクセントカラーは全体を引き締め、際立たせたいところに用いる色です。アクセントカラーは、メインカラーと相反する色を使うことが多いです。

 

目立つ看板のポイント:「補色」の使い方

 

これらの色を決めるときに、どのように配色するかが大切です。わかりやすい例では、背景の色と文字の色を同系色にすると、社名や店名が目立たなくなります。目立たせるには、「補色」の使い方が重要なポイントになってきます。

 

補色とは、ある色に対して正反対の特徴をもつ色のことのです。たとえば、赤の補色は青緑、青はオレンジ、黄色は青紫、緑は赤紫というように、相反する色を上手に使うことで目立つ看板を作りやすくなります。

 

補色を使う場合の注意点として、補色同士には互いの色を消しあうという特性があるため、そのまま重ねると逆に目立たなくなるおそれがあります。一例として、赤が背景の看板に、青緑の文字を使った看板は、文字がぼやけて見えたり落ち着かない雰囲気になったりします。これを印刷業界では「ハレーションを起こす」といいます。

 

この場合、文字に白いフチをつけることで、くっきり見せられるようになります。

 

 

目立つ看板のデザインのポイント【書体編】

 

看板デザインでもう一つ大切な要素となるのが、文字の書体です。書体には、明朝体やゴシック体、行書体などが有名なところですが、このうち一般的な看板に使われる書体が「ゴシック体」です。

 

ゴシック体は、文字の太さが統一されており遠くからでも見やすいという視認性に優れていることから、看板によく使われる書体です。これに対して明朝体は、「とめ」「はらい」を強調する一方で文字全体が細いため、遠くから見にくいという特徴があります。もちろん、近くで見てほしい看板を作成する場合は明朝体も使われます。たとえば、和食をメインに扱う飲食店などは明朝体で和の雰囲気を演出できます。

 

文字の書体も、店舗や会社のコンセプトをわかりやすく伝える要素ですから、新党に選びましょう。

 

 

看板の効果を知るには?

 

「看板がどれだけ集客につながっているのか?」と、その効果を測りたい方もいらっしゃるでしょう。

 

一つの方法として、看板に「クーポン券」を設置するという手法があります。店舗でクーポン券を使ってもらえた人の数が、看板による集客効果と捉えることができるでしょう。

 

デジタルな方法としては、看板に「QRコード」をつけるのも一手です。QRコードから、どれくらいのアクセス数があるかを確認することで、看板を見てくれた人の数がある程度把握できます。効果を測定したい方は、こうした工夫も検討してみましょう。

 

 

プロに任せるのがいちばん安心

 

一口に看板制作といっても、ここで紹介したこと以外にもさまざまなことを考えて作らなければ、効果を発揮できません。

 

自己満足で看板を作りたい人であればともかく、集客や売上アップなど目的を達成するための看板を作成するのであれば、ターゲットに合わせて目立つデザインを決める作業が必要になり、素人がやるには難しい点があるのも事実です。

 

プロの看板制作会社では、専門のデザイン作成用ソフトを用いて配色や書体はもちろん、顧客のニーズをふまえつつ「どうすれば目立つ看板がつくれるか」を日々検討しながら、制作を進めています。実績の多い業者であれば、これまでの経験やノウハウから目的を達成しやすい看板を提案してくれるでしょう。

 

また看板を設置するには、自治体などが定める条例についても確認しておく必要があります。原則として、公道に無許可で看板を設置することは禁止されています。そのため、設置する看板のサイズや場所などによっては自治体に確認申請をとる必要がありますし、条例など決まった条件に合わせて作成することも求められます。

 

宣伝効果を確実に出すためにも、またルールに基づいた看板を作成するうえでも、プロの力を借りることが安心につながるでしょう。

 

 

銀の汐メディアワークスの看板制作について

 

銀の汐メディアワークスは、インクジェット出力をメインにあらゆる印刷物の企画・デザインから施工まで一貫して対応しています。もちろん看板についても実績やノウハウが豊富で、これまでにも多くの「目立つ看板」を制作して参りました。

 

お客様とのコミュニケーションを大切し、制作を進めることも当社の特徴です。お客様のご要望や設置環境などを伺ったうえで、多様なニーズに合わせた提案力と、目を引くデザイン案、予算を考慮したうえで、貴社に適した看板をご提案いたします。お見積もりは無料です。

 

看板以外にも、広告物全般やグラフィックデザイン、さらには店舗のトータルデザインまで対応しています。広告物に関するご相談は、銀の汐メディアワークスへお気軽にお問い合わせください。

 

販促物・看板・広告デザイン等の
お問い合わせはこちらまで
お電話の方は 082-532-8188

(受付時間は、平日9時から18時までとなります。)

看板やポップ、販促物のデザイン等
見積無料!
LINE・友達追加
限定商品はコチラ

看板やポップ、販促物のデザイン等見積無料